インクジェットプリントの価格相場について
2017.06.22

丸い印刷機インクジェットによるプリントを業者に依頼する場合、やはりそれにかかる料金が気になるものですね。コンビニなどにあるカラープリンターでも、印刷を用紙1枚するごとに対して、それなりの料金を支払うことになります。それが大きなものになると果たしてどれだけの費用になるのでしょうか。
例えばオリジナルTシャツを作ることになった場合、どれくらいかかるのでしょう。まずデザインから始まります。このデザインを依頼者側が用意する場合はいいのですが、中にはデザインから依頼する人もいるでしょう。その場合デザイン代がかかります。中にはデザイン代は無料というところもありますが、大抵はデザイン代が発生します。
次に印刷を行うための版のための料金があります。版は印刷するための型取りであったり、原稿であったりといったものです。ここに入稿したデザインを記憶させます。こちらを用意するための料金です。これも業者によっては無料になるところがありますが、およそ4000円からの料金体制になっています。
最後に印刷による料金です。これも業者によってことなるのですが、何色使っても料金体制が変わらないところがあれば、使う色が多くなるにつれて料金が割り増しになっていくところがあります。そして少数で印刷するより、大量印刷をすることによって料金が安くなっていくというものがあります。これについても業者ごとの料金設定を確認する必要があります。
実際に印刷するとなると料金はおよそ2000円から4000円の間になります。ばらつきがあるのは複数のカラーによって料金体制が変化ものや、複数枚の印刷によって変化するものが関わっているためです。オリジナルTシャツを製作するにはこれだけの費用になるというのは驚きかもしれません。
インクジェットプリントというものはカラー印刷ですので、1枚印刷するだけでも思った以上の料金になっていることに驚く人はいるでしょう。それはコンビニでコピー用紙に印刷することに比べれば結構な差になります。例えばのぼり1枚に対しても料金は1000円近く、安くても700円を超えてきます。ただしこれを大量に注文すると1枚当たりの料金が安くなっていきます。看板を作るとなればもっと費用が掛かります。安いものでも2500円ほど、高いものになってくると5000円近くにもなってきます。規模が大きくなってくると当然ながらこれだけの価格になってきます。
インクジェットプリントは思い描いたデザインを綺麗に作り上げてくれるという魅力があります。ですがそれ相応のコストがかかるということを改めて知っておく必要があります。そしてそれだけのコストがかかっているのですから、出来るならば失敗しないよう業者選びには注意したいですね。

▲ ページトップへ