のぼりの印刷
2017.06.22

黄色いインクのぼりというと道を歩いていれば時々目に入るものです。販売店やレストランの前に長方形の布がひらひらとしている、あれですね。店ごとに色々なのぼりがありますが、どれも目を引くようなカラフルなものになっています。
このカラフルなものに仕上がるポイントが、やはりインクジェットプリンターです。色鮮やかなカラーで印刷されるという強みが、こういったのぼりの印刷には向いています。のぼりは広告アイテムです。広告としての機能を発揮するには、多くの人の目に留まる必要があります。そのため人々が目を向けてくれそうなデザインにする必要があるのです。だからこそのぼりのデザインというものは色鮮やかなものが多く見られます。
それでいて置く場所の背景とかぶらないような色合いとして、下地のカラーが決定されます。その上に大きな文字が書かれていたり、キャラクターが描かれていたりしているパターンが多いですね。そうなると色々な色が使われることになるのですが、インクジェットによるプリントならば何も問題はありません。どの色も潰れることなく、綺麗に仕上げてくれるのです。
最近ののぼりは昔ながらシンプルなデザインも多いですが、色々なデザインを組み合わせたものも出てきています。飲食店などでは料理の写真を組み合わせてキャンペーンを開催している、というお知らせのためにのぼりを立てているケースが見られます。インクジェットならば、写真による画像も問題なく印刷することが可能です。
個人においても年賀状を作る際に、写真データを年賀状へと印刷することがよくあるかと思います。仕上がりはしっかりとしているのがわかりますね。年賀状で可能ならば、のぼりにおいても出来ないことはありません。美味しそうな料理を配置し、キャンペーン情報を盛り込む。こういったデザインの組み合わせもインクジェットならば可能なのです。
またのぼりは片面での印刷が基本となっていますが、中には両面印刷をしているのぼりもあります。年賀状を作るには表に宛名を、裏面にあいさつや絵柄を盛り込んで印刷しますが、同じようにのぼりでも出来ます。
とはいえのぼりの場合は両面とも同じデザインで印刷することがあれば、少しだけ内容を変えたり、大きくデザインを変えたりしての両面印刷をしています。その分制作費用がかかりますが、どちら側から見ても広告内容を見ることが出来るという強みがあります。また突然の雨に降られたとしても、印刷されたデザインに大きく影響がないのもまた特徴ですね。

▲ ページトップへ